クレジットカードの決め手は還元率の高さ

    クレジットカードは現金が無くてもショッピングが可能となる便利なサービスとなっています。最近は、ほとんどの人がクレジットカードを持っていて、何枚ものクレジットカードを使い分けている人もいます。

    少し前まで、クレジットカードは高級な飲食店での支払いや、宝飾品の決済などに使われていました。コンビニや、スーパーなど、ちょっとした買い物にも、クレジットカードを使うことが多くなっています。多くの人がクレジットカードを使うようになって、買い物に小銭を数える必要がなくなり、現金を持ち歩かずともよくなったことは大きな利点です。
    クレジットカードは、利用金額に応じたポイントを貯めておくことで、お得なサービスが利用できます。一般的なクレジットカードにおいては、利用額に応じたポイントの還元率はだいたい0.5%くらいとなっています。カードによっては還元率1~2%というところもあって、多くの人が関心を集めているところです。ポイントの付き方が大きかったり、お得なサービスにポイントが交換できるクレジットカードの場合、年会費を毎年徴収してくることもあります。年間で一定量のクレジットカード決済をしなければ、年会費無料が取り消しになる可能性もあります。
    クレジットカードをよく使う人は、年会費分の負担があっても、ポイントカードを積極的に使うカードの使い方をしていたほうがいいでしょう。自分が1年でクレジットカードを使う金額はどのくらいの金額なのかで、年会費を支払ったほうがお得かどうかがわかります。

    Categories: 金融 Tags: タグ: